英語和訳メルマガ

第1677号 全体否定と部分否定の違いとは? 解説篇

投稿日:

5分でマスター!英語和訳のノウハウ 第1677号
全体否定と部分否定の違いとは? 解説篇

配信日:2019年9月17日

3連休はいかがお過ごしでしたか?
先週はちょうど仲秋の名月でした。

東京はあいにく曇っていたのですが、少しの間、雲の谷間から、きれいな月が見えましたよ。

これでお団子があれば、最高だったんですけどね。

 
それではメルマガ本編に行ってみましょう!

 

全体否定と部分否定の違いとは?

今回は「全体否定」「部分否定」について見ていきましょう。

「全体否定」は「完全否定」や「全否定」と言われることもあります。

全体否定はその名のとおり、全体を否定する表現で「すべて~ではない」という意味になります。

 

次の英文で全体否定の用法を確認しましょう。

None of the employees could have access to the Internet due to a sudden blackout.

 
none は「誰も~ない;何も~ない」という意味で、この語句がつくと、全体否定になります。

 
None of the employees could …

なので、ここに None の全体否定の意味がかかっているとなると、

「従業員は誰も…できなかった」

というのが訳の骨格になります。

 
have access to the Internet は「インターネットに接続する」ということ。

due to a sudden blackout は due to ~ は「~が原因で;~のせいで」という意味なので、「突然の停電のせいで」となります。

 
つまり全訳は以下のようになります。

「突然の停電のせいで従業員は誰もインターネットに接続できなかった」

 
もちろん、ポイントとなるのは None です。

全体否定の意味になるので、None of がかかる the employees を否定し、

「どの従業員も…ない;すべての従業員が…ない」

というニュアンスを表現しています。

 
他にも全体否定を表す組み合わせとしては、not ~ any、not ~ either、neither といったものが代表的です。

any「いくつかの」や either「どちらか一方」は全体を表す語句ではありませんが、not とセットになると全体を否定するという点に注意してください。

 
 
次に部分否定を見ていきましょう。

部分否定とは、その名の通り「部分的に否定する」ということです。

全体否定は「すべて…ではない」と訳しましたが、部分否定は「すべて…というわけではない」と訳します。

 
実は訳し方については微妙な違いしかありません。

ただ、語尾に「~というわけではない」と付くことで、「すべてではないけど、中にはそうするものもある」と部分的に否定する感じを出すことができます。

 

次の英文を過去形にしてみましょう

Not all the employees could have access to the Internet due to a sudden blackout.

 
not と all が一緒に用いられると、「すべて~というわけではない」という部分否定になります。

あとは先ほどの英文と同じなので、全訳は以下のようになります。

「突然の停電のせいで、すべての従業員がインターネットに接続できたというわけではない」

 
「すべての従業員がインターネットに接続できたというわけではない」

ということは、

「中にはインターネットに接続できている従業員もいた」

ということですよね?

 
これが「従業員すべてが…なかった」なら全体否定となりますが、「従業員すべてが…というわけではなかった」とすると部分否定になるという理屈になります。

語尾のちょっとした違いですが、意味が変わってくることを意識してください。

 
また、部分否定は引っかかりやすいのも特徴です。

部分否定を表す組み合わせとしては、not ~ every、not ~ both といったものがあります。

こうした組み合わせをみると

「すべて…ない」「両方とも…ない」

と全体否定のように訳したくなりますが、

「すべて…というわけではない」
「両方とも…というわけではない」

という部分否定になることを覚えておきましょう!!

 
次回の【解説篇2】では今回のテーマを踏まえた課題文を出題し、和訳投稿も受け付けますので、楽しみにしていてください。

 

編集後記

早くも秋入試の結果が出てきた大学院もあるようで、先週は『大学院英語 入試対策講座』の受講生から合格報告が届きました。

しかも、東京大学大学院と京都大学大学院です。

講座でコツコツと答案を提出して、がんばってきた努力が実を結んだようで、本当に私もうれしいです。

志望校合格おめでとうございます!

これから2年間の研究生活が待っていますが、講座で受験勉強を乗り越えた成功体験があれば、きっと大丈夫でしょう!!

 
そして春入試に向けて受験生が動き出しています。

大学院入試の合否は点差のつきやすい英語で決まると言われています。

次の春入試こそ合格を叶えたい方は講座を今からはじめて英語を得点源にしましょう。

9月の募集も先着お申込み【10名】のみで締め切らせていただきます。

 
次は9月19日(木)発行の【解説篇2】でお会いしましょう!
 

あなたも英語和訳メルマガに投稿して添削指導を受けてみませんか?

英文法の知識を生かした英文和訳に焦点を当てた無料メルマガ「5分でマスター!採点官ウケする英語和訳のノウハウ」です。

月曜日と木曜日の週2回配信で、毎回1つのテーマに関する英文法や語法を解説し、読者からの和訳投稿を受け付け、添削指導してメルマガで解説しています。
あなたからの力の入った和訳の投稿をお待ちしております。
英語学習、英検・TOEICなどの英語資格対策、大学院入試の受験対策、大学編入試験対策などにお役立てください。

メルマガの登録は下記フォームにお名前とメールアドレスをご入力ください。
記入していただいたアドレスあてに、メルマガを配信させていただきます。

※Hotmail はメールが届かないことがあるため登録をお勧めしておりません。フリーメールをお使いの場合は Gmail もしくは Yahoo Mail のご利用を推奨いたします。
 

英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス
 

大学院入試の英語対策にはプロによる添削指導が一番効果的です!!

長文英語の読解力と和訳力が求められる大学院入試の対策には、プロの添削指導を受けるのが一番。

『大学院英語 入試対策講座』では、毎年多くの受講者が難関大学院の合格を決めています。

なぜこれほど高い合格率を誇るのか?

その秘密は、過去問を分析して制作された教材テキストと、これまで10,000枚以上もの答案を添削指導してきたノウハウにあります。

この英語和訳メルマガよりさらに詳しい添削指導で、減点につながる弱点や癖が手に取るようにわかるんです。

講座でがんばって勉強したことが確実に力となり、前より成長を実感できるから、自信もつきます。
自分一人だけでは乗り切れないことも、講座のサポートがあれば、入試まで完走できますよ。

独学を卒業して、講座で一緒に大学院合格に向けて頑張りましょう!!

 

-英語和訳メルマガ
-,

Copyright© デルタプラス , 2020 All Rights Reserved.