代表のプロフィール

湯川彰浩のプロフィール

湯川 彰浩(ゆかわ あきひろ)
株式会社デルタプラス 代表取締役
1979年、京都市生まれ。同志社大学文学部にて英文学を専攻。大学卒業後、株式会社Z会に入社。大学院受験向けの英語教材の編集に携わる。
2005年にデルタプラスを設立し、2008年に法人化。毎月限定10名の少人数制通信講座を立ち上げ、開講わずか2年で東京大学大学院、京都大学大学院、早稲田大学大学院、筑波大学大学院など超難関校への合格者を輩出。その後も毎年のように、東京大学大学院、京都大学大学院という日本トップレベルの大学院の合格者を送り出し続けている。

これまでに添削指導を手がけた答案の累計枚数は10,000枚以上にものぼり、正解、不正解の線引きが難しい大学院入試の合格ノウハウを構築。
『大学院英語 入試対策講座』『心理系大学院 入試対策講座』はの満足度は95%を超え、少人数制ながらも通信講座業界では異例の実績を誇る。

また、著者として『大学院入試の英文法』(秀和システム)、『1万人の答案から学ぶ 日本人の英語リーディング 29のルール』(KADOKAWA/中経出版)、『社会人のための97%失敗しない最後の英語学習法』(エール出版社)の3冊を上梓している。
2017年には大学院受験生を対象とした2日間にわたるスクーリングセミナーを開催。
2019年には出版事業を立ち上げ、1冊目となる『使えるフレーズがどんどん頭に入る! シミュレーション英会話』(有子山博美 著)を刊行。

大学生・社会人を対象としたキャリア教育の分野で通信講座、出版、セミナーという多岐にわたるサービスを展開している。
 

湯川彰浩からのメッセージ

これまで世界トップクラスを誇っていた日本人の学力の低下が問題視されている今、日本は教育に対する姿勢をあらためて問われている時期だと考えられます。
ゆとり教育の撤廃、小学校からの英語授業の導入など、教育にどんどん新しい変化が訪れています。

ですが、日本人の教育への関心は決して下がっているわけではありません。特に大人世代におけるキャリア教育の熱は増加の一途をたどっています。
例えば、社会人になってあらためて大学に入学し、勉強をやり直す人の増加、これまで研究者養成のための機関としてしか見られていなかった大学院が、社会人のキャリアアップのための機関として利用されるなど、教育環境は確実に変化しています。
こうした大人になってからの教育のやり直しは、まさに日本の子どもに対する教育が不十分である証拠なのかもしれません。

そうした中で、当社では「双方向コミュニケーション」を教育に取り入れています。
これまでの教育とは、教える側から教わる側への一方的なものでした。しかし、そうした教育方法の限界が昨今見られる問題に如実に表れているのではないでしょうか。

教える側と教わる側との双方向のコミュニケーションがあれば、教える側は教わる側の現状や変化にもっと早く気づくことができるでしょう。
1対1の添削指導や投稿形式のメルマガといった当社のサービスにはすべて「双方向コミュニケーション」を導入しています。そして、当社だからできるオリジナルの教育を通して、既存の日本教育の在り方自体を変えていきたい、これこそが当社にとっての今後の展望であり、当社が社会企業としてできる貢献だと考えています。
 
また、2019年には出版事業を立ち上げ、1月に初の出版物『使えるフレーズがどんどん頭に入る! シミュレーション英会話』を刊行しました。

最近は本が売れず、出版業界は斜陽業界と言われています。出版社は一人の編集者が以前より多くの本を担当するようになり、年間約80,000点もの書籍が刊行されています。その結果一冊あたりに出版社がかけられる労力は減少しています。書店でも毎日多くの書籍が新たに並べられ、売れなければすぐに返品される入れ替わりの激しいサイクルで、消費者も何を選べばよいかがわからなくなっているのではないでしょうか。もちろん著者も膨大な時間をかけて書いた本が使い捨てのようい扱われては、より良いものを生産する気概もなくなります。まさに出版社、書店、読者が疲弊し続ける負のサイクルと言えます。

ゆえに、私は出版事業でも「双方向コミュニケーション」を大切にしたいと考えています。私自身も著者として3冊の本を出版してきた経験から、本のタイトル、企画内容、紙質、レイアウトなど必ずしも著者の意見が通るわけではないことを体験してきました。読者や時流に合わせた内容に変えられることもあります。だからといって、著者のこだわりを出し過ぎて、読者が置いてきぼりになる独りよがりな本もよくありません。
だからこそ、出版社は著者とコミュニケーションをしっかりと取り、現場となる書店に足を運んで現場との交流を図る必要があるのです。そして、なるべく中立の立場で編集し、一冊一冊心を込めて本づくりをしていくことが求められていると考えています。想いを込めて丁寧に作り上げた本は、書店からお客様に届くと信じています。
まだまだ小さな出版社ですが、この事業を展開していく中で出版業界の負のサイクルが止まり、活気を取り戻すことに貢献できればという想いでがんばっています。

更新日:

Copyright© デルタプラス , 2019 All Rights Reserved.