英語和訳メルマガ

第1715号 関係代名詞を使った強調構文 添削篇1

投稿日:

5分でマスター!英語和訳のノウハウ 第1715号
関係代名詞を使った強調構文 添削篇1

配信日:2020年2月10日

こんにちは。
デルタプラスの湯川彰浩です。

前回のメルマガで出題した課題文はいかがでしたか?
たくさんの投稿をありがとうございました!

今回は課題文の解答を説明し、皆様からお寄せいただいた和訳投稿を添削していきますね。

 

課題文の解答・解説

先週は「関係代名詞を使った強調構文」というテーマで以下のような課題文を出題しました。

Although it was the Internet which was previously thought to be free and open social infrastructure, the negative aspects of privacy violation in SNS and Internet harassment have attracted attention recently.

逆接を示す接続詞である Although が冒頭にあるので、どこからどこまでが Although に導かれる副詞節なのかを見極めないといけませんね。

Although it was ~ social infrastructure までが副詞節です。

ということは、the negative aspects 以下が主節です。

一文が長い場合はこのように、全体の文構造を押さえることが大事です。

 
副詞節では it was ~ which … と強調構文の応用形が使われています。

the Internet が強調されているわけです。

was previously thought to be ~ は「以前は~と考えられていた」となります。

free and open social infrastructure は「自由で開かれた社会インフラ」ということ。

open は「オープンな」としてもいいでしょう。

 
したがって、

「以前は自由で開かれた社会インフラだと考えられていたのはインターネットだったが」

もしくは

「以前はインターネットこそが自由で開けた社会インフラだと考えられていたが」

というのが副詞節の訳になります。

 
次に主節を見ていきましょう!

主語は the negative aspects ~ Internet harassment です。

the negative aspects of ~ は「~という負の側面」。
この of は同格のニュアンスです。

and は privacy violation in SNS と Internet harassment を結んでいるので、「SNSでのプライバシーの侵害やインターネット上での嫌がらせ」となるわけです。

 
主節の動詞と目的語は have attracted attention なので、「注目を集めてきた」となります。

現在完了であることも意識して「(過去から今現在まで)…してきた」と訳しましょう!

現在完了の「継続」の用法ですね。

 
したがって、上記の訳をつなげると、今回の全訳は以下のようになります。

【今回の課題文の和訳解答例】
「以前はインターネットこそが自由で開かれた社会インフラだと考えられていたが、SNSでのプライバシーの侵害やインターネット上での嫌がらせという負の側面が最近注目を集めてきた」

 

課題文添削 ~読者の投稿和訳を添削指導~

このコーナーでは、前回出題した課題文に関して皆様からお寄せいただいた和訳を添削していきます。

また今回は質問テーマとして
「あなたには意識したり、目標にしている数字がありますか?」
もあわせて回答していただいています。

【1】

キンキンさん

>以前は自由でオープンだと思われていたのがインターネットでしたが、
>SNSやネット上の嫌がらせでのプライバシーの侵害という
>マイナス面が最近注目を集めてきています。

privacy violation in SNS and Internet harassment の and が何と何を結ぶのかを見直しておきましょう。

SNS と Internet harassment を and で結んでどちらも in から始まる前置詞句に含まれると考えられたようですね。

ですが、この場合は privacy violation in SNS と Internet harassment を結んでいると捉えるのがより自然です。

>毎回楽しみに拝見しております。
>頭ではなんとなく訳せているのに、いざ文章にしようとすると
>日本語がおかしくなります!
>翻訳って難しいですね。
>まだまだ勉強したいと思いますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

英語→日本語の変換って難しいですよね。

まだまだお伝えしたいことはたくさんあるので、これからも英語の勉強を楽しんでくださいね!!

-------------

【2】

ぬしぬしさん

>自由で開かれた社会的基盤と考えられたインターネットだけれども、
>SNS上のプライバシー侵害やインターネットハラスメントの
>負の側面が最近、注目を集めている。

逆接の Although の訳として「…だけれども」とされていますが、少し口語的な印象を受けます。

「…だが;…であるが」

とした方がいいでしょう。

この間違いをする人は講座の受講生でもよくいるのですが、入試の解答の場合は、なおさら口語的な表現は避けるべきですね。

>52です。体重がどんどん増えてきていて(歳と共に代謝が落ちてきて…)
>その体重をキープするために夜ご飯を野菜だけにしたりしています。
>洋服が入らなくなると困るので…。

なんと、夜ごはんが野菜だけとは…。
お腹が空いて、逆に眠れなくなりそうです(笑)。

-------------

【3】

ポムさん

>確かにインターネットは以前は自由で社会通信施設も開くと考えられていた、
>インターネットのネガティブな側面であるSNSのプライバシー違反と
>インターネットハラスメントはつい最近注意を引いている。

おそらく social infrastructure, までで1つの節というまとまりだとは認識できているようです。

ただ、冒頭の接続詞 Although が訳せていないので、「~だと考えられていたが、…」ときちんと訳出しましょう。

-------------

【4】

Ivanさん

>以前はインターネットこそ無料で開かれた社会インフラであると
>考えられていたが、最近では、SNSのプライバシー侵害と
>インターネットハラスメントのマイナス面が注目されています。

the negative aspects of ~ の of は同格の of なので、「~の」ではなく「~という」と訳した方がよりよいですよ。

the negative aspects = privacy violation in SNS and Internet harassment

ということですね!

>「6」です。
>大昔、サッカーをしていた頃の背番号だったのですが、
>その後何かにつけて意識してしまう様になりました。
>今は剣道6段に挑戦中なのですが、これが何年もうまくいかず…。

青春時代の背番号でしょうか。
思い出深い数字ですね。
剣道の6段取得もがんばってください!

------------

ということでまだ紹介できていない分も含めて、木曜日発行の【添削篇2】で引き続き添削していきますね!

また、メルマガ誌面とは別に公式Twitterでも間違いをシェアできそうな投稿には添削指導をしています。

あなたの投稿が添削されるかもしれないので、Twitterをフォローしてくださいね!!

 

編集後記

新型コロナウィルスの影響で、各観光地からお客さんが減っているようですね。

私の故郷である京都も例外ではなく、明らかに街中から観光客がいなくなっているそうです。

何と、あの金閣寺もすごく空いているそうですよ。

 
それだけここ最近のインバウンドの数がすごかったということですよね。

海外だけでなく、国内需要も大事にしないと、こういうときにダイレクトに影響を受けるもの。

おそらくここ最近急激に増えているゲストハウスも打撃を受けているのでは?

 
何よりも人命が最優先です。

病気の検査がもっと簡単にできて、抗体ワクチンができるまではこの状況はしばらく続くのだろうなと思います。

 
次は2月13日(木)の【添削篇2】でお会いしましょう。

 

あなたも英語和訳メルマガに投稿して添削指導を受けてみませんか?

英文法の知識を生かした英文和訳に焦点を当てた無料メルマガ「5分でマスター!採点官ウケする英語和訳のノウハウ」です。

月曜日と木曜日の週2回配信で、毎回1つのテーマに関する英文法や語法を解説し、読者からの和訳投稿を受け付け、添削指導してメルマガで解説しています。
あなたからの力の入った和訳の投稿をお待ちしております。
英語学習、英検・TOEICなどの英語資格対策、大学院入試の受験対策、大学編入試験対策などにお役立てください。

メルマガの登録は下記フォームにお名前とメールアドレスをご入力ください。
記入していただいたアドレスあてに、メルマガを配信させていただきます。

※Hotmail はメールが届かないことがあるため登録をお勧めしておりません。フリーメールをお使いの場合は Gmail もしくは Yahoo Mail のご利用を推奨いたします。
 

英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス
 

大学院英語 入試対策講座

 

大学院入試の英語対策にはプロによる添削指導が一番効果的です!!

長文英語の読解力と和訳力が求められる大学院入試の対策には、プロの添削指導を受けるのが一番。

『大学院英語 入試対策講座』では、毎年多くの受講者が難関大学院の合格を決めています。

なぜこれほど高い合格率を誇るのか?

その秘密は、過去問を分析して制作された教材テキストと、これまで10,000枚以上もの答案を添削指導してきたノウハウにあります。

この英語和訳メルマガよりさらに詳しい添削指導で、減点につながる弱点や癖が手に取るようにわかるんです。

講座でがんばって勉強したことが確実に力となり、前より成長を実感できるから、自信もつきます。
自分一人だけでは乗り切れないことも、講座のサポートがあれば、入試まで完走できますよ。

独学を卒業して、講座で一緒に大学院合格に向けて頑張りましょう!!

 

-英語和訳メルマガ

Copyright© デルタプラス , 2021 All Rights Reserved.