英語和訳メルマガ

第1690号 否定語を使わない否定表現 課題文

投稿日:

5分でマスター!英語和訳のノウハウ 第1690号
否定語を使わない否定表現 課題文

配信日:2019年10月31日

こんにちは。
デルタプラスの湯川彰浩です。

今回は投稿和訳のコーナーがありますので、解説を読んで、投稿してくださいね。

はじめての方もどしどし投稿してください!!

自分の和訳を書き上げて、添削してもらい、復習するというプロセスが大事なんです。

一歩を踏み出すことが大事ですよ。

皆さんからの力のこもった和訳をお待ちしていますね!

 
これまで投稿したことがないという方は、課題文のヒントを読んでチャレンジしてみてください。
ヒントは本日15時に公式LINEで配信予定です。

ということで、当社の公式LINEの登録がまだの方は
こちらから友だち登録を完了してくださいね。

それではメルマガ本編に行ってみましょう!

 

否定語を使わない否定表現 課題文

今週は「否定語を使わない否定表現」をテーマに解説しています。

否定語が2つ使われることで、肯定的な意味になるという理屈を理解できましたか?

 
前回のメルマガで
anything but ~「決して~ではない;~どころではない」
の用法を紹介しました。

そのときの例文は以下のようなものでしたね↓

 

The policy was anything but coherent.
「その政策は決して一貫性のあるものではなかった」

実は、anything but ~ は far from ~ と書き換えることもできます。

つまり

The policy was far from coherent.

としても同じ意味になるわけです。

 
far from ~ は「~からほど遠い」という意味ですが、そこから派生して「決して~ではない」という意味にもなります。

 
さらに not ~ at all も同じような意味を持つ表現と言えるでしょう。

not ~ at all は「全然~ではない」という強い否定を意味します。

 
したがって

The policy was not coherent at all.

とも書き換えることができます。

 
not ~ at all は not というわかりやすい否定語が使われています。

しかし、anything but ~ と far from ~ はその意味と訳し方を知らないと、否定的に訳すのは難しいかもしれませんね。

前回のメルマガとあわせてこの機会に否定語を使わない否定表現をまとめておくといいでしょう。

  
それでは、ここまでの内容を踏まえて今回の課題文にチャレンジしてみてください!!
 

以下の課題文の和訳を投稿してみましょう!

In light of environmentalists' view that growing emission of greenhouse gases in the atmosphere could add up to making ocean surfaces warmer, recent devastating typhoons are anything but astonishing.

難易度【★★★】
 
この課題文のヒントを本日15時ごろにLINEで配信予定です。

ということで、当社の公式LINEの登録がまだの方は
こちらから友だち登録を完了してくださいね。

 
さて、今回の質問テーマは、
「あなたは何のツールでいつこのメルマガを読んでいますか?」
です。

 
最近はスマホやタブレットの台頭が著しいので、パソコンに限らずどこでもメルマガを読めるようになりましたよね!

また、通勤、通学時に読まれるのか、はたまた会社の休憩時間に読んでいるのか、教えていただければ嬉しいです。

 
投稿していただいた和訳は来週にお届けする【添削篇】で添削して解説していきます!
投稿に参加すると、メルマガを読むのがもっともっと楽しくなりますからね!

 
また、この英語和訳メルマガに登録していただけますと、この投稿和訳にもリアルタイムで参加できますので、ぜひご登録くださいね。
メルマガはずっと読んでいても無料ですし、いつでもメルマガ内から解除可能ですので、安心してご登録くださいませ。

 

編集後記

10月も今日で最終日。

来月は当社の期末になるので、この時期になると、一足早く一年の終わりを実感してしまいます。

 
昨日、空を見たらいわし雲が夕焼けに映えてとてもきれいな茜色の空でした。

忙しいとついつい周りの景色を意識して見れないもの。
でも、着実に季節は秋から冬に移ろいつつありますね。

年賀状の広告や年末調整の手続きなどこの時期恒例のものが目に入るようになってきました。

ここから年末までバタバタは加速しそうですが、体調に気をつけて、乗り切っていきましょうね。

 
ちなみに、来週の月曜日は文化の日で祝日なので、メルマガは5日の火曜日にお届けします。

なんでも今年最後の3連休らしいので、じっくり味わって過ごしましょう(笑)。

 
次回は11月5日(火)発行の【添削篇1】でお会いしましょう!

 

あなたも英語和訳メルマガに投稿して添削指導を受けてみませんか?

英文法の知識を生かした英文和訳に焦点を当てた無料メルマガ「5分でマスター!採点官ウケする英語和訳のノウハウ」です。

月曜日と木曜日の週2回配信で、毎回1つのテーマに関する英文法や語法を解説し、読者からの和訳投稿を受け付け、添削指導してメルマガで解説しています。
あなたからの力の入った和訳の投稿をお待ちしております。
英語学習、英検・TOEICなどの英語資格対策、大学院入試の受験対策、大学編入試験対策などにお役立てください。

メルマガの登録は下記フォームにお名前とメールアドレスをご入力ください。
記入していただいたアドレスあてに、メルマガを配信させていただきます。

※Hotmail はメールが届かないことがあるため登録をお勧めしておりません。フリーメールをお使いの場合は Gmail もしくは Yahoo Mail のご利用を推奨いたします。
 

英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス
 

英文法講座で添削指導を受けてさらにステップアップしませんか?

英語和訳メルマガからさらに英文法の理解を進めて、英文読解力と和訳力をつけたいなら、
『英文法添削講座』がおすすめです。

中学・高校の英文法の中で生きた英文でよく使われる大事な項目だけを厳選しました。
全4回の添削指導がついているので、英文法がきちんと身についているか確認することもできます。

「昔から英語が苦手」「文構造が分からない」「英文の読解スピードが遅い」
といったことでお悩みの方の原因のほとんどが英文法の基礎知識の不足にあります。

独学では挫折しがちな英文法を一緒に基礎からやり直ししてみませんか?
指導してくれる人がいるからこそ、最後まで完走できるはずですよ。
一緒にがんばりましょう!!
 
英文法添削講座
 

 

-英語和訳メルマガ

Copyright© デルタプラス , 2020 All Rights Reserved.