英語和訳メルマガ

第1685号 否定×否定=肯定になる二重否定 解説篇

投稿日:

5分でマスター!英語和訳のノウハウ 第1685号
否定×否定=肯定になる二重否定 解説篇

配信日:2019年10月15日

週末は超大型台風の影響で東京近郊は交通網も流通もストップ。

講座の答案で返せるものはできるだけ返送するようにして、万一のことがあっても対応できるように準備。

もちろんこのメルマガもあらかじめ執筆しておき、配信準備を完了しておきました。

 
皆さんのお住まいの地域は台風の影響は大丈夫でしたか?

また、被害にあわれた地域の一日も早い復旧を心から願っております。

 
それではメルマガ本編に行ってみましょう!

 

否定×否定=肯定になる二重否定

ここ最近は全体否定と部分否定について解説しましたが、2つのニュアンスの違いを理解できましたか?

特に部分否定は複雑なので、慣れるまで練習が必要ですね!

 
今回はその流れで「二重否定」について見ていきます。

 
二重否定とは同じ英文に否定語句が2つ含まれて、否定を否定する用法のことです。

否定を否定するんですから、肯定的な意味になります。

 
マイナス(-)× マイナス(-)=プラス(+)

みたいな感じをイメージしてください。

懐かしの数学の公式ですね。

 
たとえば否定の否定で「…しないことはない」というフレーズがあるとします。

この場合、「…しない」を「…ことはない」で打ち消しているわけですから、「必ず…する」と肯定的になるわけです。

 

次の英文で二重否定の用法を確認しましょう。

It is not unusual that major companies contribute illegal donations to ministers.

 
どの部分が二重否定なのかがわかりましたか?

 
そうです!

not と unusual が呼応して二重否定になっているんです。

そもそも unusual は「普通ではない;ありふれていない」という否定的な意味ですよね?

 
それが not で否定されるわけですから、

「普通ではないことではない」→「普通のことである;よくあることである」

という意味になり、usual と同じ意味になるわけですね!

 
major companies は「大企業」。

contribute illegal donations to ~ は「~に不正な献金をする」ということ。

そして、目的語の ministers は「大臣」という意味なので、全訳は以下のようになります。

「大企業が大臣に不正な献金をすることはよくあることである」

 
この英文を二重否定のまま訳すと、

「大企業が大臣に不正な献金をすることは普通ではないことではない」

となりますが、ちょっとわかりづらいですよね!

 
そこで

「普通ではないことではない」→「普通のことである」

という書き換えると、和訳がよりわかりやすく洗練されるわけです。

 

次の英文を和訳してみましょう。

I never listen to this song without thinking of my youth.

never は強い否定語ですよね。

そして、without も「~なしに;~を持たないで」という意味の前置詞ですから、「否定語」とも言えるわけです。

ですから never と without が呼応することでこの場合も二重否定になります。

 
直訳すると、

「若い頃を思い出すことなしに、この歌を聴くことは決してない」

となりますが、「…しないことはない」という二重否定は「必ず…する」という肯定的な意味になるルールに当てはめると、

「この歌を聴くと必ず若い頃を思い出す」

となるわけです!

このパターンの二重否定は「~すると必ず…する」と前から訳し下ろすのもポイントですね!

 
次回の【解説篇2】では今回のテーマを踏まえた課題文を出題し、和訳投稿も受け付けますので、楽しみにしていてください。

 

編集後記

今回は雨で河川が氾濫したことによる被害が甚大だったようですね。

長野県や東北地方では浸水や冠水が顕著に起きていて、ニュースを見るたびに心が痛みます。

千曲川では堤防が決壊し、そこから大量の水が住宅地域に押し寄せたようですね。

被害にあわれた方が一日も早く元の生活に戻れますように。

 
東京都内でも多摩川が氾濫しました。

温暖化で台風の数も増えていますし、災害に強い町づくりと住居がこれからの課題になりそうですね。

 
我が家ではご飯を炊き、飲料と保存食品を用意し、お風呂場に水をためるなどして、もしものことがあっても1週間くらいは生きていける準備をしておきました。

長年東京に住んでいますが、台風でこういう事態は初めて。

台風は進路や危険な時間帯が前もってわかるからこそ、こうした事前の周到な準備が大事だと実感しました。

 
次は10月17日(木)発行の【解説篇2】でお会いしましょう!
 

あなたも英語和訳メルマガに投稿して添削指導を受けてみませんか?

英文法の知識を生かした英文和訳に焦点を当てた無料メルマガ「5分でマスター!採点官ウケする英語和訳のノウハウ」です。

月曜日と木曜日の週2回配信で、毎回1つのテーマに関する英文法や語法を解説し、読者からの和訳投稿を受け付け、添削指導してメルマガで解説しています。
あなたからの力の入った和訳の投稿をお待ちしております。
英語学習、英検・TOEICなどの英語資格対策、大学院入試の受験対策、大学編入試験対策などにお役立てください。

メルマガの登録は下記フォームにお名前とメールアドレスをご入力ください。
記入していただいたアドレスあてに、メルマガを配信させていただきます。

※Hotmail はメールが届かないことがあるため登録をお勧めしておりません。フリーメールをお使いの場合は Gmail もしくは Yahoo Mail のご利用を推奨いたします。
 

英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス
 

大学院入試の英語対策にはプロによる添削指導が一番効果的です!!

長文英語の読解力と和訳力が求められる大学院入試の対策には、プロの添削指導を受けるのが一番。

『大学院英語 入試対策講座』では、毎年多くの受講者が難関大学院の合格を決めています。

なぜこれほど高い合格率を誇るのか?

その秘密は、過去問を分析して制作された教材テキストと、これまで10,000枚以上もの答案を添削指導してきたノウハウにあります。

この英語和訳メルマガよりさらに詳しい添削指導で、減点につながる弱点や癖が手に取るようにわかるんです。

講座でがんばって勉強したことが確実に力となり、前より成長を実感できるから、自信もつきます。
自分一人だけでは乗り切れないことも、講座のサポートがあれば、入試まで完走できますよ。

独学を卒業して、講座で一緒に大学院合格に向けて頑張りましょう!!

 

-英語和訳メルマガ
-

Copyright© デルタプラス , 2020 All Rights Reserved.