英語和訳メルマガ

第1661号 could の推量のニュアンス 解説篇

投稿日:

5分でマスター!英語和訳のノウハウ 第1661号
could の推量のニュアンス 解説篇

配信日:2019年7月16日

昨日は海の日で祝日でしたが、全然「海」って感じの日ではなかったですね。

こんなに涼しい夏は久しぶりです。

今週末にはようやく梅雨明けの気配がしてきそうな感じですよ。

 
それではメルマガ本編に行ってみましょう!

 

could の推量のニュアンス

前回まで might や would といった助動詞を見てきましたが、could も間違いやすい助動詞の1つ。

しかも、couldn't be ~ となると、意味が逆転することもあるんです。

例文を交えて詳しく見ていきましょう!

 

次の英文で用法を確認しましょう。

I couldn't be happier.

 
この could は過去の可能を示す

「…できた」

という意味ではありません。

 
現在時制で「…だろう;…の可能性がある」という推量の意味になります。

直訳すると

「私はより幸せになることはないだろう」

となります。

 
ですが、

「より幸せになることはない」

とは言い換えると、

「すごく幸せ」

ということになります。

 
したがって、

「私はこの上なく幸せだ」

という非常に嬉しい気持ちを示す表現になるのです。

 
それでは次の英文はどのように考えればいいでしょうか?

 

次の英文で用法を確認しましょう。

Couldn't be better!

この could も現在時制で使われています。
ということはこの could も「推量」の意味です。

直訳すると

「これ以上良くなることはないだろう」

となりますよね?

 
「これ以上良くなることはない」とは言い換えると、「一番良い」ということで

「最高だ;絶好調だ」

という意味になり、会話表現でも調子を聞かれたときの返事としてよく使われます。

 
“How's it going?”「調子はどう?」

“Couldn't be better!”「絶好調だよ」

のような流れで使われます。

 
Couldn't be better! は『シミュレーション英会話』のChap.5-03の「近況報告」でも使われている表現です。

他にも could を使ったスマートな会話表現がたくさん載っていますので、必ず読んでおいてくださいね↓

 
次回の【解説篇2】では今回のテーマを踏まえた課題文を出題し、和訳投稿も受け付けますので、楽しみにしていてください。

 

編集後記

次の日曜日は参院選ですね。

ポストに入っている公報を読んだり動画サイトで政見放送を見たりしてよくよく吟味しています。

よく見てみると、公報では名前の下にキャッチフレーズを載せてる人が多いんですよね。

そういや自分のキャッチフレーズなんて考えたことないなぁと思いまして。

 
何でしょうね。。。

 
「英語和訳は一日にしてならず!」

「添削指導であなたの弱点を克服!!」

 
・・・何か違うなぁ。

これが意外と難しいです。

 
とりあえず好感度をねらって

「心を込めて週2でメルマガ書いてます」

にしておきます(笑)。

 
次は7月18日(木)発行の【解説篇2】でお会いしましょう!
 

あなたも英語和訳メルマガに投稿して添削指導を受けてみませんか?

英文法の知識を生かした英文和訳に焦点を当てた無料メルマガ「5分でマスター!採点官ウケする英語和訳のノウハウ」です。

月曜日と木曜日の週2回配信で、毎回1つのテーマに関する英文法や語法を解説し、読者からの和訳投稿を受け付け、添削指導してメルマガで解説しています。
あなたからの力の入った和訳の投稿をお待ちしております。
英語学習、英検・TOEICなどの英語資格対策、大学院入試の受験対策、大学編入試験対策などにお役立てください。

メルマガの登録は下記フォームにお名前とメールアドレスをご入力ください。
記入していただいたアドレスあてに、メルマガを配信させていただきます。

※Hotmail はメールが届かないことがあるため登録をお勧めしておりません。フリーメールをお使いの場合は Gmail もしくは Yahoo Mail のご利用を推奨いたします。
 

英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス
 

大学院入試の英語対策にはプロによる添削指導が一番効果的です!!

長文英語の読解力と和訳力が求められる大学院入試の対策には、プロの添削指導を受けるのが一番。

『大学院英語 入試対策講座』では、毎年多くの受講者が難関大学院の合格を決めています。

なぜこれほど高い合格率を誇るのか?

その秘密は、過去問を分析して制作された教材テキストと、これまで10,000枚以上もの答案を添削指導してきたノウハウにあります。

この英語和訳メルマガよりさらに詳しい添削指導で、減点につながる弱点や癖が手に取るようにわかるんです。

講座でがんばって勉強したことが確実に力となり、前より成長を実感できるから、自信もつきます。
自分一人だけでは乗り切れないことも、講座のサポートがあれば、入試まで完走できますよ。

独学を卒業して、講座で一緒に大学院合格に向けて頑張りましょう!!

 

-英語和訳メルマガ
-

Copyright© デルタプラス , 2020 All Rights Reserved.