英語和訳メルマガ

第1641号 省略される関係代名詞 解説篇

投稿日:

5分でマスター!英語和訳のノウハウ 第1641号
省略される関係代名詞 解説篇

配信日:2019年5月7日

令和の新時代を迎えて最初の英語和訳メルマガです。

なので今回から新しい令和仕様に……

はなっていませんよ(笑)。

GW明けでまだお休み気分の方もいるのでは?
またいつものペースに戻していきましょうね。

それではメルマガ本編に行ってみましょう!

 

省略される関係代名詞

GW明け最初のテーマは「省略される関係代名詞」です。

関係代名詞は時に省略されることがありますが、何でもかんでも省略できるわけではありません。

きちんとルールがあります。

 
そのルールとは

「関係代名詞が関係詞節内で目的語になるとき」

です。

 

次の英文で関係代名詞を確認しましょう。

The ice cream which she really loves is a high-fat dessert.

「彼女が本当に大好きなそのアイスクリームは高脂肪のデザートである」

 

The ice cream が主語で、is が動詞、a high-fat dessert が補語ですね。

そして、which she really loves という関係詞節が The ice cream を修飾しています。

さて、関係代名詞 which の先行詞は The ice cream であり、関係詞節内では

she really loves the ice cream

というつながりになるため、目的語の役割を果たします。

 
ということは、先ほどのルールにのっとり、この which は省略することができるんです。

The ice cream she really loves is a high-fat dessert.

となり得るわけですね!

 
関係代名詞が省略されてしまうと、英文の構造を読み取るのが途端に難しくなってしまいます。

そういう場合は関係代名詞を補ってあげて、関係詞節を( )で囲ってみましょう。

The ice cream (which she really loves) is a high-fat dessert.

 
こうすれば、英文の骨格は

The ice cream is a high-fat dessert.

ということがわかり、SVCの第2文型だとすぐに見抜けますよね!!

 
【目的格】の関係代名詞は省略されることがあるということがこれでわかりましたが、どんなルールにも例外はつきもの。

 
次の例文をどう解釈すべきか考えてみてください。

 

次の英文に関係代名詞を補ってみましょう!

There is somebody is following behind you.

 
補うとしたら、もちろん somebody「誰か」の後ですが、どのような関係代名詞を補うのが適当かを考えてみてくださいね。

少し長くなってきたので、この英文の解説は次回の【解説篇2】で!

 
また、【解説篇2】では今回のテーマを踏まえた課題文を出題し、和訳投稿も受け付けますので、楽しみにしていてください。
 

編集後記

平成天皇の退位の儀式をテレビで観ていたのですが、上皇になられたので、もう国民の前でお話になる機会ってほぼないんですよね。

そう思うと、あのお声を聴くのも退位の時が最後だったんだなぁと感慨深くなりました。

 
昭和から平成になったとき、私はまだ10歳くらいだったので、正直時代が変わることに実感がありませんでした。

ニュースでも今の若い子はあまりピンと来ていないみたいですしね。

でも今はこうしてそこそこいい歳にもなり、自分が生きてきた平成を振り返ることで、実感がわいてきています。

 
令和はどんな時代になるのでしょうか?

きっと変化や変革はあるでしょうが、平成天皇が願われた平和が続く時代になればいいですね。

 
さて、GWが明けたのでこれから英会話の勉強を本格的にはじめる方もいらっしゃるのでは?

「海外に行ってみたら、全然英語が出てこなかった…」

という苦い経験をお休み中にされた人も大丈夫!

 
当社の書籍『使えるフレーズがどんどん頭に入る! シミュレーション英会話』は、旅先で出くわすシチュエーションと使えるフレーズをたくさん収録していますので、この一冊をやり込んでみてください。

英会話スクールや留学予備校でもテキストとして使ってもらっているんですよ~!!

 
次は5月9日(木)発行の【解説篇2】でお会いしましょう!
 

あなたも英語和訳メルマガに投稿して添削指導を受けてみませんか?

英文法の知識を生かした英文和訳に焦点を当てた無料メルマガ「5分でマスター!採点官ウケする英語和訳のノウハウ」です。

月曜日と木曜日の週2回配信で、毎回1つのテーマに関する英文法や語法を解説し、読者からの和訳投稿を受け付け、添削指導してメルマガで解説しています。
あなたからの力の入った和訳の投稿をお待ちしております。
英語学習、英検・TOEICなどの英語資格対策、大学院入試の受験対策、大学編入試験対策などにお役立てください。

メルマガの登録は下記フォームにお名前とメールアドレスをご入力ください。
記入していただいたアドレスあてに、メルマガを配信させていただきます。

※Hotmail はメールが届かないことがあるため登録をお勧めしておりません。フリーメールをお使いの場合は Gmail もしくは Yahoo Mail のご利用を推奨いたします。
 

英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス
 

大学院入試の英語対策にはプロによる添削指導が一番効果的です!!

長文英語の読解力と和訳力が求められる大学院入試の対策には、プロの添削指導を受けるのが一番。

『大学院英語 入試対策講座』では、毎年多くの受講者が難関大学院の合格を決めています。

なぜこれほど高い合格率を誇るのか?

その秘密は、過去問を分析して制作された教材テキストと、これまで10,000枚以上もの答案を添削指導してきたノウハウにあります。

この英語和訳メルマガよりさらに詳しい添削指導で、減点につながる弱点や癖が手に取るようにわかるんです。

講座でがんばって勉強したことが確実に力となり、前より成長を実感できるから、自信もつきます。
自分一人だけでは乗り切れないことも、講座のサポートがあれば、入試まで完走できますよ。

独学を卒業して、講座で一緒に大学院合格に向けて頑張りましょう!!

 

-英語和訳メルマガ

Copyright© デルタプラス , 2020 All Rights Reserved.