英語和訳メルマガ

第1657号 過去の習慣を示す would と used to 解説篇

投稿日:

5分でマスター!英語和訳のノウハウ 第1657号
過去の習慣を示す would と used to 解説篇

配信日:2019年7月1日

今日から7月ということで2019年も下半期突入です。

下半期の目標はいくつかあるのですが、もう少し勉強の時間を取れたらなぁと思っています。

仕事量が減ってくれることはないので、日々のちょっとした無駄な時間をなくす必要がありそうです。

 
それではメルマガ本編に行ってみましょう!

 

過去の習慣を示す would と used to

今回は would と used to … に
共通する【過去の習慣】を示す意味について紹介したいと思います。

 
would にはさまざまな意味があることは以前のメルマガで紹介しましたよね?

would が過去時制で使われると、

「(よく)…したものだった」

過去の習慣の意味になることがあります。

 

次の英文で用法を確認しましょう。

As my grandmother loved visiting historical sites, she would often travel to Asian countries.

 
冒頭の As は理由を表す接続詞で、「…なので」という意味になります。

この As からはじまる副詞節は As my ~ sites まで。

visiting historical sites は「史跡を訪れること」という意味。
「史跡巡り」としてもいいでしょうね。

 
主節の would が過去の習慣を表すので、「(よく)…したものだった」という意味になります。

travel to Asian countries は「アジアの国々を旅行する」なので、全訳は以下のようになります。

 
「祖母は史跡を訪れることが好きだったので、アジアの国々をよく旅行していたものだった」

 
次に used to … の用法を見てみましょう。

used to … も「よく…したものだった」という意味になりますが、would と何が違うのでしょうか?

 

次の英文で用法を確認しましょう。

My uncle used to live near my house.

「私のおじは私の家の近所に住んでいたものだった」
という簡単な英文ですね。

 
would は同じ過去の習慣でも規則的ではない反復行為に用いられます。

一方で used to … は日常の規則的な行為や状態を表す場合に用いられる傾向があります。

したがって、would は動作を表す動詞と一緒に用いられます。

 
おじさんが家の近所に住んでいたというのは「状態」に近いので、used to … が用いられているわけですね!

そして、used to … にはその裏に「今はそうではない」という意味が含まれることが多いんです。

ですから、おじさんは今は近所に住んでいない、ということがこの英文から読み取れるのです。

 
また、上記のルールに当てはめて、最初の英文の would の意味を考えてみると…

 
As my grandmother loved visiting historical sites, she would often travel to Asian countries.

「祖母は史跡を訪れることが好きだったので、アジアの国々をよく旅行していたものだった」

祖母がアジア旅行に行っていたのは不定期な習慣的行為だったということが読み取れますね。

 
とはいえ、書き手によっては would と used to … を厳密に区別せずに使う人もいます。

特に would を規則的な反復行為に使っている英文もありますし……。

というわけで、あくまで1つの基本原則として今回の内容をインプットしておきましょう。

 
次回の【解説篇2】では今回のテーマを踏まえた課題文を出題し、和訳投稿も受け付けますので、楽しみにしていてください。

 

編集後記

先日東京オリンピックの当選発表がありましたが、私はせ~んぶ外れでした。

総額10万円分くらいを申し込んで

「これ、全部当たったら支払いどうしよう…」

なんてことを心配していましたが、まったくもっての杞憂でしたよ!!(笑)。

当選した人は100万円分くらい申し込んでようやく1枚当選するかどうかの世界みたいですね。

 
というわけで次の秋の申し込みにもチャレンジしてみたいと思います。

たぶん生きている間に日本での夏オリンピックはこれが最後でしょうし、何か1つくらいは記念に観戦してみたいです。

 
次は7月4日(木)発行の【解説篇2】でお会いしましょう!
 

あなたも英語和訳メルマガに投稿して添削指導を受けてみませんか?

英文法の知識を生かした英文和訳に焦点を当てた無料メルマガ「5分でマスター!採点官ウケする英語和訳のノウハウ」です。

月曜日と木曜日の週2回配信で、毎回1つのテーマに関する英文法や語法を解説し、読者からの和訳投稿を受け付け、添削指導してメルマガで解説しています。
あなたからの力の入った和訳の投稿をお待ちしております。
英語学習、英検・TOEICなどの英語資格対策、大学院入試の受験対策、大学編入試験対策などにお役立てください。

メルマガの登録は下記フォームにお名前とメールアドレスをご入力ください。
記入していただいたアドレスあてに、メルマガを配信させていただきます。

※Hotmail はメールが届かないことがあるため登録をお勧めしておりません。フリーメールをお使いの場合は Gmail もしくは Yahoo Mail のご利用を推奨いたします。
 

英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス
 

大学院入試の英語対策にはプロによる添削指導が一番効果的です!!

長文英語の読解力と和訳力が求められる大学院入試の対策には、プロの添削指導を受けるのが一番。

『大学院英語 入試対策講座』では、毎年多くの受講者が難関大学院の合格を決めています。

なぜこれほど高い合格率を誇るのか?

その秘密は、過去問を分析して制作された教材テキストと、これまで10,000枚以上もの答案を添削指導してきたノウハウにあります。

この英語和訳メルマガよりさらに詳しい添削指導で、減点につながる弱点や癖が手に取るようにわかるんです。

講座でがんばって勉強したことが確実に力となり、前より成長を実感できるから、自信もつきます。
自分一人だけでは乗り切れないことも、講座のサポートがあれば、入試まで完走できますよ。

独学を卒業して、講座で一緒に大学院合格に向けて頑張りましょう!!

 

-英語和訳メルマガ

Copyright© デルタプラス , 2020 All Rights Reserved.