英語和訳メルマガ

第1687号 否定×否定=肯定になる二重否定 添削篇1

投稿日:

5分でマスター!英語和訳のノウハウ 第1687号
否定×否定=肯定になる二重否定 添削篇1

配信日:2019年10月21日

こんにちは。
デルタプラスの湯川彰浩です。

前回のメルマガで出題した課題文はいかがでしたか?
たくさんの投稿をありがとうございました!

今回は課題文の解答を説明し、皆様からお寄せいただいた和訳投稿を添削していきますね。
 

課題文の解答・解説

先週は「否定×否定=肯定になる二重否定」というテーマで以下のような課題文を出題しました。

The method of pumping a large amount of groundwater from deep in the ground is not without its perils of sinking the ground level.

この一文の主語は

The method of ~ in the ground

までで、とても長い主語になっています。

 
なぜここまで長くなっているのか?

それは of pumping a large amount ~ という修飾語句が The method の後に続いているからです。

 
The method of ~ は「~という手法」。
この of は「~の」ではなく「~という」と同格を表します。

pumping a large amount of groundwater from deep in the ground は「地面深くから大量の地下水をくみ上げる」。

pump ~ from … は「~を…からくみ上げる」という意味。

 
deep in the ground の deep は形容詞ではなく名詞扱いで「深いところ」といった意味なので、deep in the ground で「地面深いところ」と訳しておきましょう。

 
not without のところが今回のテーマと深く関わる二重否定の用法になります。

its perils of sinking the ground level は its が The method を受けており、動名詞句 sinking the ground level の「地盤面を沈めること」とはつまりは「地盤沈下」のことですね。

its perils = sinking the ground level

が成り立つので、この of も同格で「~という」の意味。
「地盤沈下という危険」となります。

 
さて、二重否定そのままで全訳すると、

「地面深くから大量の地下水をくみ上げるという手法は、地盤沈下という危険がないことはない」

となりますが、「ないことはない」では不自然ですよね。
「その手法を用いると、地盤沈下という危険が必ず生じる」という意味になると考えられるので、

「地面深くから大量の地下水をくみ上げるという手法には、地盤沈下という危険が伴う」

と肯定文のように工夫して訳せるとパーフェクト!

 
したがって、上記の訳をつなげると、今回の全訳は以下のようになります。

【今回の課題文の和訳解答例】
「地面深くから大量の地下水をくみ上げるという手法には、地盤沈下という危険が伴う」

 

課題文添削 ~読者の投稿和訳を添削指導~

このコーナーでは、前回出題した課題文に関して皆様からお寄せいただいた和訳を添削していきます。

また今回は質問テーマとして
「あなたの好きなおでんの具は何ですか?」
もあわせて回答していただいています。

【1】

サクサクさん

>その地下深くから大量の地下水を汲み上げる方法には、
>地盤沈下の危険が無いわけではない。

not without をそのまま「無いわけではない」とすると、なんだかぼんやりとした和訳になりますし、部分否定になってしまっていますね。

「~という危険が生じる」ということなので、「~を伴う」くらいの訳をあてておきましょう。

>大根です。
>つゆの染み込んだ大根が大好きです。

大根はもう王者ですよね。
おでんの時が大根は一番活躍している気がします。

-------------

【2】

Mizさん

>地中深くから大量の地下水を汲みあげる方法は地盤沈下を必ず伴う。

二重否定の箇所はうまく訳せていますが its perils の訳が抜けてしまっていますね。

「危険;危険性」くらいに訳しておきましょう。
どういう危険なのかを of 以下で説明しています。

>「うずら卵の入った赤色のはんぺん」と
>「たまねぎ」のさつま揚げが大好きです。

すごい限定的で、どちらもあまり見かけない変わり種ですね。
ちょっといいおでん屋さんでしょうか?

-------------

【3】

かずまるさん

>地中深くから大量の地下水をくみ上げる方法で、
>地盤沈下の危険を伴わないものはない。

「伴わないものはない」と not without をあえて否定にしたままうまく訳すことができていますね。

「伴わないものはない」→「伴う」
として肯定文で和訳を作り直してみてもいいでしょう。

>すきま時間にサクッと読めるボリュームで気分転換に使っています。

長すぎず、短すぎずというメルマガを目指しています。

皆さんはこのメルマガを何の gadget でしかもどこで読んでいるのか気になりますね~。

-------------

【4】

ぽこあぽこさん

>地下深くから大量の地下水を汲み上げるその手法は、
>地表面を沈めるいう危険などがあります。

「地表面を沈める」とはつまりはどういうことでしょうか?
sinking the ground level は「地盤沈下」と訳した方がわかりやすいでしょう。

ちなみに「危険など」の「など」に当たる語句は英文にはありませんからね。

>二日目の大根です。
>味もおいしいですが、匂いもいいですね。

確かに1日寝かせた方が味もしみこみます。
カレーと一緒ですね!

------------

ということでまだ紹介できていない分も含めて、木曜日発行の【添削篇2】で引き続き添削していきますね!

また、メルマガ誌面とは別に公式Twitterでも間違いをシェアできそうな投稿には添削指導をしています。

あなたの投稿が添削されるかもしれないので、Twitterをフォローしてくださいね!!

 

編集後記

当社の『心理系大学院 入試対策講座』はテキストや書籍などの発送物があるので、今回の台風で流通がどうなっているのか心配でした。

ニュースでは通行止めになっている区間もあって、それが流通に影響を与えているとか…。

うちはヤマトさんを主に使っているのですが、台風の翌日に講座のテキスト発送があったので聞いてみたら、

「今日から大丈夫ですよ」

とのこと。

あれだけの大型台風の翌日から通常運転ができるなんて、日本の流通はすごいんだなぁと感動しました。

 
そして、ヤマトさんいつもありがとうございます!!

 
次は10月24日(木)の【添削篇2】でお会いしましょう。

 

あなたも英語和訳メルマガに投稿して添削指導を受けてみませんか?

英文法の知識を生かした英文和訳に焦点を当てた無料メルマガ「5分でマスター!採点官ウケする英語和訳のノウハウ」です。

月曜日と木曜日の週2回配信で、毎回1つのテーマに関する英文法や語法を解説し、読者からの和訳投稿を受け付け、添削指導してメルマガで解説しています。
あなたからの力の入った和訳の投稿をお待ちしております。
英語学習、英検・TOEICなどの英語資格対策、大学院入試の受験対策、大学編入試験対策などにお役立てください。

メルマガの登録は下記フォームにお名前とメールアドレスをご入力ください。
記入していただいたアドレスあてに、メルマガを配信させていただきます。

※Hotmail はメールが届かないことがあるため登録をお勧めしておりません。フリーメールをお使いの場合は Gmail もしくは Yahoo Mail のご利用を推奨いたします。
 

英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス
 

英文法講座で添削指導を受けてさらにステップアップしませんか?

英語和訳メルマガからさらに英文法の理解を進めて、英文読解力と和訳力をつけたいなら、
『英文法添削講座』がおすすめです。

中学・高校の英文法の中で生きた英文でよく使われる大事な項目だけを厳選しました。
全4回の添削指導がついているので、英文法がきちんと身についているか確認することもできます。

「昔から英語が苦手」「文構造が分からない」「英文の読解スピードが遅い」
といったことでお悩みの方の原因のほとんどが英文法の基礎知識の不足にあります。

独学では挫折しがちな英文法を一緒に基礎からやり直ししてみませんか?
指導してくれる人がいるからこそ、最後まで完走できるはずですよ。
一緒にがんばりましょう!!
 
英文法添削講座
 

 

-英語和訳メルマガ
-

Copyright© デルタプラス , 2020 All Rights Reserved.