英語和訳メルマガ

第1674号 過去の出来事への気持ちを表す助動詞 課題文

更新日:

5分でマスター!英語和訳のノウハウ 第1674号
過去の出来事への気持ちを表す助動詞 課題文

配信日:2019年9月5日

こんにちは。
デルタプラスの湯川彰浩です。

今回は投稿和訳のコーナーがありますので、解説を読んで、投稿してくださいね。

はじめての方もどしどし投稿してください!!

自分の和訳を書き上げて、添削してもらい、復習するというプロセスが大事なんです。

一歩を踏み出すことが大事ですよ。

皆さんからの力のこもった和訳をお待ちしていますね!

 
これまで投稿したことがないという方は、課題文のヒントを読んでチャレンジしてみてください。
ヒントは本日15時に公式LINEで配信予定です。

ということで、当社の公式LINEの登録がまだの方は
こちらから友だち登録を完了してくださいね。

それではメルマガ本編に行ってみましょう!

 

過去の出来事への気持ちを表す助動詞 課題文

今週は「過去時制で使う助動詞」をテーマに解説しています。

助動詞+have+過去分詞

というのが基本の形でしたね。

 

次の英文を和訳してみましょう!

Oh, you shouldn't have!

have の後に done that が省略されています。

直訳すると、「あぁ、そうすべきではなかったのに」となりますが、これは定型表現で、

「そんないいのに」

という意味です。

 
相手が好意で何かしてくれたり、物をくれた時に恐縮の気持ちを示す定番フレーズです。

Thank you so much!

とばかり言っている人はこういう表現も身につけると、会話のバリエーションが広がりますよね!!

 

次の英文を和訳してみましょう!

You shouldn't have gone to all this trouble.

go to trouble には「苦労する;手数をかける」という意味があります。

all がつくことで強調されているわけですが、こちらも直訳では意味が通じない表現で、

「わざわざこんなことまでしてくれなくてもよかったのに」

と、こちらも相手に対して恐縮の気持ちを伝える表現になります。

 
やはり、今回の例文でも過去の助動詞には過去の出来事に対する気持ちが込められていることがわかりますね!

 
ちなみに今回の2つの例文は『シミュレーション英会話』のChap.1-04で紹介されているものです。

こんな感じですぐ使える定番フレーズを解説つきで収録していますので、まだ持っていない方はぜひ読んでみてください。

  
それでは、ここまでの内容を踏まえて今回の課題文にチャレンジしてみてください!!
 

以下の課題文の和訳を投稿してみましょう!

The spinning company should have serviced aging machines and manufactured eco-friendly alternatives to avert bankruptcy at a time of recession.

難易度【★★★】
 
この課題文のヒントを本日15時ごろにLINEで配信予定です。

ということで、当社の公式LINEの登録がまだの方は
こちらから友だち登録を完了してくださいね。

 
さて、今回の質問テーマは、
「あなたは今年何か夏らしいことをしましたか?」
です。

 
まだ残暑厳しいとはいえ、そろそろ夏も終わりが近づいてきましたね。

ということで、この夏の印象的な出来事、思い出があればぜひ教えてくださいね。

 
私は海にも行かず、山にも行かず、秋入試前で追い込みをかけている受験生の答案をひたすら添削していましたよ。

これがデルタプラスの夏です(笑)。

 
投稿していただいた和訳は来週にお届けする【添削篇】で添削して解説していきます!
投稿に参加すると、メルマガを読むのがもっともっと楽しくなりますからね!

 
また、この英語和訳メルマガに登録していただけますと、この投稿和訳にもリアルタイムで参加できますので、ぜひご登録くださいね。
メルマガはずっと読んでいても無料ですし、いつでもメルマガ内から解除可能ですので、安心してご登録くださいませ。

 

編集後記

先日、やけに今日は浴衣を着た人が多いなぁと思っていたら近くの公園で少し遅めの盆踊りをしていました。

DJっぽい司会者、太鼓をたたく人、壇上で踊るお姉さんたち。

ちょっと現代チックな盆踊りです。

 
DJ司会者はNHKでもナレーションをしている人らしくたぶんハーフなのでしょうか、英語も堪能のようで、

Don't be afraid of making mistakes!

と言って、やや遠慮気味に踊る人たちを鼓舞していましたよ(笑)。

 
たくさんの家族連れ、カップル、子どもたちがいてみんな楽しそうでした。

昔と違いお盆はまだまだ夏本番。

そんなときに踊ると危ないので、少し涼しくなってきた今頃がベストなのかも!

 
次回は9月9日(月)発行の【添削篇1】でお会いしましょう!

 

あなたも英語和訳メルマガに投稿して添削指導を受けてみませんか?

英文法の知識を生かした英文和訳に焦点を当てた無料メルマガ「5分でマスター!採点官ウケする英語和訳のノウハウ」です。

月曜日と木曜日の週2回配信で、毎回1つのテーマに関する英文法や語法を解説し、読者からの和訳投稿を受け付け、添削指導してメルマガで解説しています。
あなたからの力の入った和訳の投稿をお待ちしております。
英語学習、英検・TOEICなどの英語資格対策、大学院入試の受験対策、大学編入試験対策などにお役立てください。

メルマガの登録は下記フォームにお名前とメールアドレスをご入力ください。
記入していただいたアドレスあてに、メルマガを配信させていただきます。

※Hotmail はメールが届かないことがあるため登録をお勧めしておりません。フリーメールをお使いの場合は Gmail もしくは Yahoo Mail のご利用を推奨いたします。
 

英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス
 

英文法講座で添削指導を受けてさらにステップアップしませんか?

英語和訳メルマガからさらに英文法の理解を進めて、英文読解力と和訳力をつけたいなら、
『英文法添削講座』がおすすめです。

中学・高校の英文法の中で生きた英文でよく使われる大事な項目だけを厳選しました。
全4回の添削指導がついているので、英文法がきちんと身についているか確認することもできます。

「昔から英語が苦手」「文構造が分からない」「英文の読解スピードが遅い」
といったことでお悩みの方の原因のほとんどが英文法の基礎知識の不足にあります。

独学では挫折しがちな英文法を一緒に基礎からやり直ししてみませんか?
指導してくれる人がいるからこそ、最後まで完走できるはずですよ。
一緒にがんばりましょう!!
 
英文法添削講座
 

 

-英語和訳メルマガ
-

Copyright© デルタプラス , 2020 All Rights Reserved.