心理系大学院 入試対策講座 > 合格実績と受講者の声 > 出題傾向から自分が必要だと思った添削問題を中心に解いた

出題傾向から自分が必要だと思った添削問題を中心に解いた

心理系大学院 入試対策講座 【合格大学院】
東北大学大学院 教育学研究科
山形大学大学院 地域教育文化研究科


宮城県 かぼちゃぱんさん
心理英語講座専門科目講座を受講

初めて過去問を解いて愕然とした
私が大学院に行こうと考え始めたのは、大学1年生の時からでした。決して意識が高いというわけではなく、心理学という学問を究めたかったことや、周りに大学院に行っている先輩が多く、よく話を聞いていたことから、「自分も進学するんだろうな」と漠然と思っていました。実際に大学院の受験勉強を始めたのは、3年生の11月からです。はじめは、いくつもの本を広げ、自分専用のまとめノートを作ったり、心理英語の参考書を買って解いたりしていました。そして、4年生の春頃に初めて過去問を解いた時、愕然としました。あれほど知識をつけたはずなのに、論述が書けず、長文英語も読めない状態でした。このままではいけないと思いましたが、地元に通えるような予備校はなく、途方に暮れていた時に出会ったのが『心理系大学院 入試対策講座』でした。

添削指導を受ける度に力をつけることができた
私が初めに受講したのは、「心理英語講座」と「専門科目講座」でした。受験まであまり時間はありませんでしたが、英語については自信がなかったので、特別に答案提出の期間を早めてもらい、基礎から勉強することにしました。「心理英語講座」は、解いている間は簡単に感じられましたが、添削が返ってくると赤文字で埋め尽くされていました。添削してもらうことで、自分では気づくことができなかった弱点や解答の癖などを知ることができました。また、自分の答え以外の解答例や和訳の仕方なども知ることができ、添削指導を受ける度に力をつけることができたと思います。英語については、自習用テキストと添削問題を何度も復習し、出てきた単語や重要な構文は頭に叩き込んでいきました。
「専門科目講座」については、自習用テキストがとても参考になりました。自分で買った本では知識が足りないと思っていたので、問題の解説部分はとても役に立ちました。また、論述を解答する際に押さえるべきポイントが詳しく書かれているので、復習することで論述の組み立て方を知ることができました。

出題傾向から自分が必要だと思った添削問題を中心に解いた
過去問を研究すると分かりますが、東北大学大学院は語句説明と論述共に、基本的な問題が出題されます。また、かなり前の過去問まで見てみると出題傾向がよくわかってくるので、特に過去問研究は重要であり、合格への近道になると思います。本来であれば、添削講座の問題を1つずつこなすことが大切だと思いますが、私は試験まで時間がなかったので、出題傾向を見て、自分が必要だと思った添削問題を中心に解いていました。あまり手を広げすぎると復習も浅くなってしまうし、試験に出ないと予想されるものに時間をかけても時間の無駄だと感じたので、このような方法で勉強しました。一度解いた問題については、中身の濃い論述を展開できるように心がけ、何度も復習しました。また、論述の展開を何通りか考え、類題にも対応できるようにしていました。復習の他には、本などで事例をよく読むようにしていました。東北大学大学院の論述はとにかく量を書くことが重要になってくるので、心理学のテキストや講座で知識を蓄える他に、事例を知っておくことで、論述の展開に幅を持たせることができると感じました。具体的には、過去問で出題傾向を調べた後、頻出分野に関連する書籍を数冊ずつ読んでいました。事例を知っておくことで、問題をさまざまな視点から見ることができ、問題の傾向が変わっても何かしら書くことはできるという自信にもなりました。

最後まであきらめずに努力し続けたことが合格に繋がったと確信
最後まであきらめずに努力し続けたことが、合格に繋がったと確信しています。私は一度秋入試で不合格となりましたが、春入試で無事に合格することができました。この受験期間の間ずっと持ち続けていたのが、「この大学院ではこんな研究がしたい!」「この先生や先輩と一緒に学び、研究したい!」「卒業後はこうなりたい!」という具体的な目標でした。具体的にやりたいことを思い浮かべることができると、その分勉強のやる気にも繋がります。自分が今まで頑張ってきたことを筆記試験で存分に披露し、大学院で学びたい思いを思いっきり面接で伝えるためにも、常に目標を持ち続け、努力し続けてください。皆さんが行きたい大学院で学べることを願っています。応援しています!!

合格実績と合格体験談

合格実績
合格体験談