• トップページへ
  • サイトマップ

無料メルマガ 英語和訳のノウハウ

デルタプラスへのお問い合わせ


社会人のための97%失敗しない最後の英語学習法 著書
湯川彰浩
価格
1,575円(税込)
英語の勉強を始める前に一番に読んで欲しい英語学習本の決定版。明日からすぐにできる効率的な英語学習法を掲載。

臨床心理士の仕事

デルタプラス > 臨床心理士 > 臨床心理士の仕事

臨床心理士の資格を取得すると、次のような仕事に就くチャンスに恵まれます。
病院やクリニックで心理療法を行う、スクールカウンセラーとして学校に派遣される、
産業カウンセラーとして企業に派遣され、労働者の相談に乗ったりもします。
他にも、近年では幼稚園や保育所で心理相談を受け持ったり、
警察署の相談窓口で被害者の心のケアに従事することもあります。

以下では代表的な仕事の特徴を紹介します。

学校でスクールカウンセラーとして活躍する

スクールカウンセラーは、平成7年度に文部省(現在は文部科学省)の
「スクールカウンセラー活用調査研究委託事業」によって、公立学校への配置が始まりました。
その後、平成13年度からは文部科学省による
「スクールカウンセラー活用事業補助」のもと、
本格的にスクールカウンセラー制度がスタートしました。

仕事内容としては、児童生徒へのカウンセリング、
カウンセリング等に関する教職員および保護者に対する助言・援助
児童生徒のカウンセリング等に関する情報収集・提供、などが挙げられます。

スクールカウンセラーとは、学校という組織において、生徒、教員、保護者に対して
心理的アプローチを行う仕事です。

病院・クリニックで活躍する

病院やクリニックで勤務する臨床心理士の場合、
勤務するところのニーズに沿った動きが求められます。
精神科や心療内科、小児科などで勤務することが多いようです。

仕事の内容としては、心理検査の依頼が多く、
いわゆる「テスター」として勤務することもありますし、
心理療法をしっかり行っている医療現場では、
1対1のカウンセリングをたくさん行うこともあるでしょう。

また、デイケアなどのリハビリテーション的側面を重視している
医療現場では、それを支えるスタッフの一員として、
他の専門職の方々とともに仕事をしていくこともあります。

企業で産業カウンセラーとして活躍する

現代社会で働いている人によって、
それぞれの仕事に対する考え方があったり、
また、働いている形態がだんだん多様化してきています。

そのような環境においては雇用に対する不安や
ストレスが増大していく傾向があります。

例えば職場におけるストレスのせいで、会社を休みがちになったり
辞めてしまう社員が増えてきているため、
企業の相談室に派遣して、事前に相談を受ける仕事になります。

また、個人それぞれの特徴をアセスメントしながら、
どのようなサポートを行っていくことが、
個人にとって、また企業の生産性の向上にとってベターなのかを考えていく仕事になります。

 このページのトップへ