• トップページへ
  • サイトマップ

無料メルマガ 英語和訳のノウハウ

デルタプラスへのお問い合わせ


社会人のための97%失敗しない最後の英語学習法 著書
湯川彰浩
価格
1,575円(税込)
英語の勉強を始める前に一番に読んで欲しい英語学習本の決定版。明日からすぐにできる効率的な英語学習法を掲載。

大学院入試科目の対策

デルタプラス > 大学院入試 > 大学院入試科目の対策

大学院の入試科目は英語・専門科目・研究計画書・面接で構成されています。
各科目の特徴や傾向について説明いたします。
さらに詳しい内容については、大学院入試の受験対策ガイダンスをご覧ください。

英語入試の傾向

大学院の英語入試は長文和訳、部分訳、要約というシンプルな構成で、
稀に語句説明や選択問題も含まれますが、ほとんどの大学院が上記のスタイルをとっています。
大学入試でいえば国公立大学の英語入試をイメージしていただくと一番形式が近いかもしれません。

長文和訳、部分訳、要約という問題は、単語・熟語・文法・構文・文脈など英語の総合的な力が試されるので、
問題穴埋め問題や選択問題のようにヤマ勘で正答することはまずあり得ません。

さらに、出題される英文の内容も小説やエッセイのように読みやすいものではなく、
論文調の文章がほとんどです。これは、大学院入学後、ゼミの授業や修士論文を作成する際に
海外文献を読む機会があるのですが、そのための実力を試す意味合いもあるようです。

このように大学院入試の英語科目は非常に難易度が高く、
大学入試と同様の勉強法では、受験対策として不十分であると言えるでしょう。

専門科目入試の傾向

専門科目は、受験生がその専門分野にどれだけ精通しているかを試す試験です。
大学入試にはない、大学院入試特有の試験と言えるでしょう。

出題形式で多いのが、その分野の専門用語を限られた字数で説明する問題や論述問題です。

「専門」と聞くと、すごく高度なことが問われそうなイメージがあるかもしれませんが、
大学の授業レベルをきちんと理解しておけば、解答できる問題がほとんどです。

大学の学部と同じ研究科を目指すのか、それと他分野の研究科を目指すのかで、
基礎力は異なるか思いますが、まずは復習の意味もかねて、
教科書や概論書のようなものを一冊読み通すことから始めましょう。

そして、その分野のベースとなる知識を身に付けてから、
専門的な書籍を読んで、より理解を深めるというのが、専門科目の対策法となります。

研究計画書と面接

大学院入試の際に、願書と一緒に提出することになる書類の1つに研究計画書があります。
研究計画書とは、大学院で取り組みたい研究の目的・方法・成果などを記した計画書のことです。
大学院によって規定は異なりますが、A4用紙に数枚程度の分量がほとんどです。

しかし、提出書類だからといって油断は禁物です。
研究計画書は英語や専門科目と同じくらい、もしくはそれ以上に注意して作成してください。

というのも、これは受験生であるあなたが大学院で何をやりたいのか、
その大学院を志望理由は何なのか、そしてどのような手段で研究を進めていくのか、
など大学院における研究生活を凝縮した内容となっています。

もちろん口頭試問(面接)では、この研究計画書に基づいて、質問が行われます。
穴があれば、その部分の詳細必ず質問されることでしょう。
できるだけ完成度を高めたいところです。

 このページのトップへ